Simply対応周波数と他社利用

Simplyはsimロック解除可能なのでソフトバンク以外の通信会社(docomoとKDDI(au)等)の電波が利用できます。
対応周波数は→ここにありますが、抜粋すると
SImply対応周波数.png
こんな感じ
対応周波数は
3Gは
バンド1  2.1GHz (SB、docomo)
バンド8  900MHz (SBプラチナバンド)
LTEは
バンド1  2.1GHz (SB、docomo、au)
バンド8  900MHz (SBプラチナバンド)
ソフトバンク(4バンド)
docomo   (2バンド)
au     (1バンド)
となります。また、海外利用については表に円はありません。それは
Screenshot_20180112-144058.png
このように日本の技適しか取得していないので、法律的に使えません。(多分)
他社のsim利用について
さて、周波数が少ないながら他社のsim利用はどうなの?的な疑問が沸きました。
ちょうど良くmineoDプラン(docomo回線)とmineoAプラン(au回線)がありましたので
実験しました。
それぞれ発信テストのができる番号があるようなのでそこに掛けました。
1、docomo回線(mineo)
発信テストです。ダイヤルは「111」です。アナウンスが流れて電話を切ってお待ち下さいと言われます
(電話は勝手に切れましたがw)
IMG_20180111_151753.jpg
その後着信テストになります。
IMG_20180111_151811.jpg
着信もキチンと出来ました。
この写真では判りにくいかもしれませんが、アンテナマークに4Gと出ており
VoLTE通話が出来ています。
2、au回線(mineo)
au回線もダイヤルは「111」で発信テストができます。
IMG_20180111_151029.jpg
ちゃんと発信可能でした。
auはLTEしか対応がありませんので間違いなくVoLTE通話しています。
(表示も4G)
※なぜかデータ(+SMS)のsimでは5分位?全然アンテナが立たず(ネットワークは捕まえていても通信ができない常態)でした。
音声simに入れ替えたら直ぐに通信可能になり、その後データsimにしたら直ぐに通信可能になりました。
たしか、もう一台を音声の音声sim(最初も)データが使えるようになるのが直ぐではなかった記憶があり
良く判りませんが、最初だけ少し時間が掛かる可能性があるようです。
3、ソフトバンク(プリペイド)
ソフトバンクの発信テストは「11112」です。
DSC_0049.jpg
判りにくいのでSSで
(調べたところメールボタンとインターネットボタンの同時押しと紹介しているブログがありました)
Screenshot_20180112-151201.png
アンテナが3GになっておりVoLTEで通話出来ていない事が判ります(プリペイドsimだから)。
ついでにHDの表示が出ておりHDボイスという高音質での通話に対応している事も判りました。
(プリモバイル以外ではVoLTEで通話できるらしい)
ついでに「157」にも掛けてみた
Screenshot_20180111-152306.png
HDボイス非対応なのかぃ!!
追記 ソフトバンク(スマホsim)
DSC_0164.jpg
ソフトバンクの4Gスマホ用simを入れて発信テスト
しっかりとVoLTE通話かつHDボイスで通話が可能でした。
通信実験 mineoのsimで試しに通信もしてみました。
Screenshot_20180111-143748.png
いや、まぁ通信が可能な事は理解出来たが、小さすぎてどうして良いか判らない(笑)
追記
SMSの発着信テストも行いましたので追記しておきます。
結果から言うとmineoのdocomo系、au系ともSMS発着信OKでした。
mineoA(au系)プランのデータ(+SMS)simでも確認しました。
DSC_0057.jpg
DSC_0058.jpg
DSC_0059.jpg
追記ここまで
結論
あ、nanosimです。
とりあえず全社対応で(VoLTE含む)通話可能なので予備機に・・・なるか?
対応周波数は少ない。本体のスペック(特に画面サイズ)も合わさってとてもシンプルな作り。
電話以外の利用を考えてはいけないと感じる端末である。